不妊の治療をしよう|子供を望むならICSIに決まり|行動あるのみ
看護師

子供を望むならICSIに決まり|行動あるのみ

不妊の治療をしよう

女性

早めの産婦人科受診が大事

もし健康的なカップルや夫婦が、長期間性交渉をしているのにも関わらず子供が生まれない場合は、不妊症の可能性があります。しかし、「自然の流れに任せたい」「病院に行くのは抵抗がある」という人は、産婦人科を受診しないケースも多いようです。不妊症にはいろいろな要因があって、タイミングが合わないだけの場合もあれば、身体的な特徴によって子供が作れないケースもあります。身体的な問題には、女性の卵巣や卵子の異常だったり、男性の無精子症だったりと様々な要因が挙げられるのです。しかし、産婦人科や泌尿器科の医療が進歩したことで、改善できるケースも増えてきており、体外受精や体内受精という選択肢もあります。1つ言えることはどんな不妊治療を受ける場合でも、できるだけ若いうちの方が効果が出やすいので、なるべく早く産婦人科を受診することが大切なのです。

男性が原因の場合も多い

不妊症治療といえば女性が産婦人科に通うことを想像しますが、実際には男性が原因の不妊も多いのです。男性にとって、女性が多い病院や専門のクリニックに行くことは、勇気がいりますし抵抗がある人も多いでしょう。しかし、男性が無精子症だった場合は、早めに精細胞保存をする必要があるので、積極的に不妊治療を受けることが大切です。無精子症とは精液の中に精子がいない症状ですが、ホルモンなどを注射することで改善することもあるようです。また、閉塞性無精子症の場合は泌尿器科での精路再建手術で治るケースもあるので、まず産婦人科で検査してもらうことが大切になります。不妊治療を行っている最近の産婦人科では、男性に配慮してくれる体制が整っているところもあるので、そのような産婦人科を探して受診してみるのもよいでしょう。