不妊は他人事ではない|子供を望むならICSIに決まり|行動あるのみ
看護師

子供を望むならICSIに決まり|行動あるのみ

不妊は他人事ではない

病棟

子供を授かりたい人へ

不妊とは、名前の通り赤ちゃんができにくい状態のことをいいます。この不妊が近年増えてきており、不妊治療を行う人も多くなりました。具体的に不妊治療をする状態というのは、結婚して夫婦生活を送っているのに2年以上子供ができないことでした。今はこの期間も1年に短縮されています。子供ができないことに悩むことは、とても辛いものです。なので一人で悩まずに不妊治療を行うことは大切なことと言えます。ただし、単純に不妊治療をするといっても様々な治療法があります。1つの治療法に絞ってしまうのではなく、専門医の意見を聞きながら、自分に合った治療をしていくことが必要です。またどこの産婦人科にいくかも重要です。京都でも数多くの病院がありますので、自分で選ぶ必要があります。

治療内容と料金

実際に、京都で不妊治療を行う時に、まず料金と治療内容について確認する必要があります。京都でも産婦人科によって料金体系は様々ですが、長期に渡ればそれなりの費用と精神力が必要になります。治療によってはそれほどお金がかからないものもありますが、体外受精など手術を含むものであれば、高いものもあります。初めに大まかにどのくらいの予算がかかる可能性があるかについては確認しておく必要があります。しかし、京都市内の病院では、初めにタイミング療法という治療を行うのが一般的です。この治療法は、排卵と夫婦生活のタイミングを合わせることで子供を授かる確率を上げるという治療法であり、一部ではありますが、保険が適応されます。なので、まずは気軽に受診をして相談をみてはいかがでしょうか。