医者たち

子供を望むならICSIに決まり|行動あるのみ

不妊の治療をしよう

女性

不妊治療に抵抗のある人もいますが、若いうちからの治療が効果的なので、できるだけ早く産婦人科を受診するようにしましょう。また、男性の無精子症も不妊の原因になることが多いので、男性も勇気を出して産婦人科を受診することが大切です。

More...

不妊は他人事ではない

病棟

不妊治療は、近年増えています。不妊とは赤ちゃんのできにくい状態のことで、人によって症状などが違います。京都でも多くの産婦人科で不妊治療をしています。料金体系を最初に確認しておくことや、治療法を聞いておくことも必要です。

More...

悩みにあった病院を

ナース

梅田で産婦人科を探すときにはネットの情報を活用しましょう。産婦人科は幅広い範囲を網羅しています。得意分野を見極めましょう。女医がいる病院や日祝日に診察してくれるところ、ネット予約が出来るところなどが人気です。

More...

受精率の高い不妊治療

顕微鏡と男性

顕微鏡下で受精させる

不妊治療の方法のひとつにICSI(顕微授精)があります。通常の体外受精は精子と卵子を取り出し、試験管の中で一緒にして自然に受精させます。ICSIはまず精子を動かなくしてから、小さなピペットで吸い取り、卵子に注入して強制的に受精させます。顕微鏡下で施術を行なうのが特徴です。精子の数が少なかったり、運動が活発でなかったりすると、人工授精はもちろん体外受精でも上手くいかないことがあります。また卵子に問題があって受精できない場合もあります。こうした重度の不妊でも、ICSIなら治療できる可能性があるため人気があります。多くの場合は人工授精や体外受精に失敗したとき、ステップアップ治療として施術が行なわれます。

助成金を利用できる

ICSIは元気の良い精子だけを選んで受精させるため、約70%以上の高い受精率が特徴です。受精卵に異常が起こる可能性もないとされています。ただし受精卵を体内に戻したとき、着床するかどうかは年齢にも依存します。40代でも妊娠できないわけではありませんが、妊娠率を高めるためには、できるだけ若いうちに治療を受けることがポイントです。ICSIは不妊治療の中でも最も高度な技術が必要とされ、自由診療ということもあって、治療費は高額になります。しかし多くの自治体では、特定不妊治療に対して助成金制度が設けられています。助成金を利用できる年齢や年収には制限があり、利用回数にも上限があるため、あらかじめ確認しておくことが大切です。